通訳サービス内容

私たちINFシンガポールがご提供するサービス

シンガポールの様々な現場、環境で、お客様のコミュニケーションを円滑にサポートする通訳サービスをご提供します。

国際会議・社内会議通訳、研修・セミナー通訳、商談・海外視察・展示会通訳、医療通訳、IR通訳、法廷通訳、リモート会議通訳などお客様専任の弊社コーディネーター(日本語・英語に対応)が、ご要望に沿った最適な通訳サービスをご提案。あらゆるニーズや環境に応じて、逐次通訳、同時通訳、ウィスパリング通訳、ビデオ・電話会議のリモート通訳をご提案します。

また、ご利用目的・ご予算に合った最適な通訳者を選定、手配します。
シンガポール現地法人の強みを生かして、シンガポール現地在住の通訳者による通訳サービスをご提供します。

シンガポール以外の東南アジア各国の主要都市、派遣地域に合わせ、最適な現地在住の通訳者を手配
現地在住の通訳者手配により、航空運賃・ホテル代などが不要、大幅な経費削減が可能
英語・日本語はもちろん各種言語ペアの通訳業務に対応

<対応分野> 様々な言語、分野、用途に対応

言語

日本語を軸とした通訳サービスはもちろんのこと、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、タイ語、カンボジア語(クメール語)その他東南アジア言語など様々な言語の通訳サービスをご提供

通訳方法

逐次通訳、同時通訳、ウィスパリング通訳、リモート通訳 シチュエーションにより最適な方法で対応 ※ページ最後で各通訳方法をご説明しています。

分野

医療・IT・金融・旅行・製造・建築・流通・国際交流・環境・IR・マスコミ・アート・交官庁など幅広い分野、業界に対応

シチュエーション

国際会議、セミナー・フォーラム・商談・視察・展示会など、あらゆる場面に適した通訳サービスを提供

<安心サポート> 専任コーディネーター(日本語・英語に対応)による最適なソリューションの提案

専任コーディネーター

シンガポール現地オフィス在籍の経験豊富な日本人コーディネーターが、通訳サービスのお見積もりから業務完了まで丁寧にサポート。
シンガポールの現地事情に精通したコーディネーターが、お客様のご要望に沿った最適な通訳ソリューションをご提案

最適なソリューション

国際介護、セミナー、シンポジウム、イベント、商談、海外視察をはじめ、あらゆるニーズ、ご予算、環境に応じた、最適な通訳者を手配

<豊富なリソース> シンガポール現地在住、実績・経験豊富な質の高い通訳者

高品質

ベスト・パフォーマンスの為に努力・研鑽を惜しまず、国際会議からビジネス会議、商談まであらゆるニーズに対応できる、実績、経験豊富な質の高いシンガポール現地在住の通訳者が数多く在籍

医療通訳

医療現場での経験豊富な通訳者が多数登録。病院・クリニックでの医師、看護師とコミュニケーションをサポート
シンガポール以外の東南アジア各国の主要都市はもちろん、派遣地域に合わせ、最適な現地在住の通訳者を手配

出張通訳手配

シンガポール近隣諸国への出張・同行通訳手配も可能

同時通訳機材の手配

会議やイベントに最適な同時通訳システムと当日の技術サポート、同時通訳ブース設営、受信機のレンラルなど、ご予算、ご利用目的に沿う形でご提案

通訳サービスの流れ

通訳サービスの流れは概ね以下のようになります。

1.お客様のお問い合わせ・お見積もりのご依頼

お問い合わせ・お見積もりお問い合わせ・お見積もりフォームをご利用ください。
お問い合わせの際には、イベントの名称と趣旨、逐次通訳か同時通訳か、言語(例:英語日本語)、実施日時(ブリーフィングを含めた集合時間から解散時間)、実施場所、その他の留意事項などをご連絡ください。
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。TEL (65) 6622-5561(日本人対応)

2.お見積もり書の提出

お見積もりご連絡いただいた内容をもとに、弊社通訳コーディネーターがお見積書をEメールでご送付します。
お見積もりは無料です。

3.お客様の正式な発注

ご依頼お見積書の内容をご確認の上、正式に発注をご希望の際はEメールで『発注』とご記入の上、ご返信ください。
ご発注(とそれに伴う通訳者の拘束)は、実施日の2週間程度前までにお済ませいただくようお願いしています。
初めてのお客様や個人のお客様には原則前払いにてお願いしております。

4.通訳者の手配

お客様のご依頼内容に沿った実績・経験豊富かつ優秀な通訳者を厳選して確保いたします。
また同時通訳機材など必要とされる場合には必要機材、担当技術者の予約を行います。

5.実施までの準備

当日の通訳内容に関係する資料を事前にご提供ください。通訳者はそれらの資料より必要な知識・用語を事前学習し当日に備えます。
弊社では適任の通訳者を選定いたしますが、お客様より詳しく内容を熟知していることはありませんので、資料の事前学習準備が当日の通訳のパフォーマンスに著しく影響します。
そのため、なるべく発注時~1週間前までには資料をご用意ください。
万一に備え、当日の現地でのご担当者様のご連絡先を事前にお知らせください。
弊社からも通訳者の連絡先も事前にお知らせいたします。

6.実施日当日

事前にご連絡いただきました場所、担当者様宛に、お約束の時刻に通訳者が現地入りいたします。
通常は業務開始15~30分程度前に通訳者と資料や実施の内容への質問などの事前打ち合わせを行います。
なお当日延長の可能性がある場合は事前にその旨をお知らせください。
現地で通訳業務の終了しましたら、担当者様に確認の上で通訳者は解散いたします。

7.ご請求・フィードバック

実際の業務時間に基づき、ご請求書を発行、メール添付にて送付いたします。
実施日終了後、通訳者のパフォーマンスやサービス内容についてお気づきの点やご意見ご感想をお聞かせください。
次回の業務に反映し、通訳者にもフォードバックして、より質の高い通訳サービスのご提供を目指してまいります。

通訳料金

通訳料金について


以下は基本的なシンガポールでの通訳料金の目安ですが、通訳者のレベル、専門性や難易度によって通訳料金は変動いたしますので、具体的な通訳料金は「無料お見積もり」よりご確認ください。

通訳サービスのご利用時間、日数が多い場合は、ボリュームディスカウントなどの対応もさせて頂きます。

基本通訳料金の目安 日本語 – 英語 通訳者1名 1時間あたり (最低ご利用料金 4時間/日)
逐次通訳(ビジネス商談など) 80SGD〜
同時通訳(国際会議、セミナーなど)・ウィスパリング通訳 150SGD〜
一般通訳(展示会、観光など) 50SGD〜
医療通訳 100SGD〜
交通費 40SGD〜/日

SGD:シンガポールドル
シンガポール近隣諸国への出張通訳サービス、あるいは現地在住の通訳者の手配も実施しております。

同時通訳サービスをご利用の場合、同時通訳機材、通信装置などの設営、受信機(レシーバー)などの貸出し、専門技術者のスタンバイ、同時通訳ブース設営などお客様の目的やご予算に合わせて、最も適した通訳方法をご提案いたします。

 

通訳料金 サンプル例

ご依頼の目安として、いくつかの通訳料金例をご紹介いたします。
* 以下はサンプル例ですので、実際の通訳料金は「無料お見積もり」よりご確認ください。

通訳料金例1

逐次通訳:ビジネス商談
場所: シンガポール
ご利用時間: 終日8時間
通訳料金(交通手当込み):900SGD~

通訳料金例2

逐次通訳:表敬訪問、視察随行
場所: シンガポール
ご利用時間: 半日4時間
通訳料金(交通手当込み):360SGD~

通訳料金例3

逐次通訳:展示会ブース
場所: シンガポール
ご利用時間: 終日 3日間 32時間
通訳料金(交通手当込み):1,500SGD~

通訳料金例4

同時通訳:グローバル会議
場所: シンガポール
ご利用時間: 終日 8時間
同時通訳ブース、レシーバー30台レンタル
通訳料金(交通手当込み):5,000SGD~
*同時通訳者2名

通訳料金例5

逐次通訳 ベトナム語 – 日本語:現地企業訪問
場所: ベトナム ホーチミン
ご利用時間: 終日8時間
通訳料金(交通手当込み):300SGD~

通訳料金例6

リモート逐次通訳:社内会議 (Zoomによるリモート会議)
場所: 日本とシンガポール
ご利用時間: 半日 4時間
通訳料金(交通費無し):280SGD~

FAQ


よく寄せられる質問皆様からよく寄せられる質問に、質問のカテゴリー毎にお答えしています。
弊社へのお問い合わせ前にご確認頂けると幸いです。
※質問をクリックすると回答が表示されます。

通訳サービスについて

Q 通訳を依頼したいのですが、依頼するのに必要な内容を教えてください。

通訳対象の言語、日時、場所、人数、内容(会議、調査、専門知識必要の有無など)が必要です。当ホームページのお問合せフォーム、またはお電話、メールでお気軽にお問い合わせください。


Q 正式に通訳サービスを発注する前に通訳者の面談は可能でしょうか。

はい、通訳者の同意があれば手配可能です。ただし、お客様が通訳者に対して能力評価テストを実施することはご遠慮いただいています。


Q 長期間で通訳者の手配をお願いできますか。

はい、対応しています。ご指定の日時に対応可能な通訳者を長期で手配いたします。もしご利用時間が多い場合は、時間数に応じて大幅な値引きを実施させて頂きます。詳細はお問い合わせください。


Q 同時通訳に必要な機材などは手配していただけますか。

はい、手配可能です。イベントに適した同時通訳機材を選択して、イベント前日には機材設営を完了し、全ての機器が正常に作動しているかどうか確認するためのテストランを実施します。


Q イベント中に同時通訳の機器が正常に機能しなくなった場合、どの様なサポートがありますか。

イベント中は当社の専門技術者が待機しています。万一同時通訳機器が適切に機能していな場合、当社の技術者が問題解決のために必要な措置を講じます。


Q ビデオ通訳サービス、電話通訳サービスはありますか。

はい、提供しています。電話通訳や, Zoom, Skype, WhatsApp、そのほか様々なコミュニケーションツールを経由したビデオ会議の通訳などに対応するリモート通訳サービスを提供します。但し、リモート通訳サービスのご提供には一定の条件が満たされている必要があります。詳細はお問い合わせください。


Q シンガポール以外の国でも現地在住の通訳者の派遣はしていますか?

はい、手配可能です。日本、韓国、中国、インドネシア、タイ、ベトナム、カンボジア、マレーシア、そのほかの国々で現地在住の通訳者の手配が可能です。詳細はお問い合わせください。


Q シンガポールの優秀な通訳者を海外に派遣できますか?

はい、手配可能です。詳細はお問い合わせください。


Q 通訳サービスの正式発注後にキャンセルする場合、キャンセル料金等はかかりますか。

はい、正式ご発注後のキャンセルの場合、キャンセル料金が発生します。キャンセル料に関する当社の規約については、お見積もりのご提案の際にご説明いたします。

機密保持について

Q 通訳を依頼したいが、機密性が高いものなので心配なのですが?

お客様からお預かりする資料及び業務に関わる情報について外部に漏洩することのない様厳重に保管し、業務終了後、機密情報は適切に破棄処分致します。また、ご希望に応じて、機密保持契約を締結後に通訳の業務に着手させていただく等の手配をいたしております。ご希望の際はお申し付けください。弊社登録のすべての通訳者と個別に機密保持契約を結んでおります。

通訳方法の種類

逐次通訳

話し手がある程度話した後一旦区切って、通訳者がそれを追って通訳することを繰り返す形態。商談や小人数でのビジネス会議などによく用いられる。情報量が多くても精度が高く通訳を聞く側が理解しやすい。
ただし話し手と通訳者が交互に話すため、普通に話す2倍程度の時間かかる。

同時通訳

話し手の声を聴きながら、ほぼ同時にその発言内容を通訳していく形態。
同時通訳はとても高い集中力を要し、非常に重い負荷がかかるため、15分程度で通訳者が交代しながら通訳を実施するため、通常2名から3名の通訳者の手配が必要。
大人数で長時間にわたる会議、記者会見、セミナー、パネルディスカッションなどでよく利用される。
逐次通訳と比べて、話し手が話を止める必要が無く、時間が余分にかからないメリットがある、その反面、時間的な制約より、精度がやや落ちる、コストが割高になるなどのデメリットもある。

ウィスパリング通訳

聞き手が1〜2名に限定される場合に用いられる同時通訳の形態。
通訳者が聞き手の側で、話の内容をすぐに通訳して伝えるスタイル。
聞き手の耳元でささやくように伝えるため、「ウィスパリング」と呼ばれる。
日本語主体の会議に日本語のわからない方が1~2名参加する会議や、逆に英語主体の会議で英語がわからない方が1〜2名参加する会議で用いられる。
同時通訳機材の用意が必要ないため、企業内での会議等に向いている。

リモート通訳

リモート(遠隔)通訳はオンライン通訳とも呼ばれ、スカイプ、ZOOM電話などの通信技術を利用した会議に通訳者がリモート参加して通訳を行う形態。
離れている場所や海外でも実施可能。
通訳者や参加者の移動にかかる交通費、拘束時間を削減できるメリットがある。
人同士の接触を抑えることのできるリモート通訳は今後大幅な需要増が見込まれる。